品質管理薬剤師求人ランキング

薬剤師求人品質管理TOP >> 求人探しのFAQ >> 品質管理薬剤師の退職金は?

品質管理薬剤師の退職金は?

一般的に、薬剤師の退職金は職種や勤続年数などによって異なります。そのため、薬剤師だからといってすべての同等の退職金を受け取れるわけではありません。また、なかには退職金の支給がないところもありますので注意が必要です。退職する理由が自己都合であるのか、会社都合であるのかによっても違いますので、事前に確認しておきましょう。

まず、退職金は自己都合で辞めるとマイナスになります。しかし自己都合でも、”早期退職制度”がある場合は割増になりますので、必ずしも自己都合で辞めるからといって退職金が減ってしまうというわけではありません。しかし当然早期退職制度がないところはマイナスになりますので注意してください。ただ会社都合による退職でも、先にも述べたように退職金が支給されないところは残念ながらゼロになります。

次に勤続年数です。長年勤務していた場合、やはり短期間で辞めた人よりも高くなりやすいでしょう。さらに、会社からの評価が高く信頼されていた場合、退職金はプラスになります。ただどんなに高い評価を受けていても、3年以内は退職金が支給されないところですと、受け取ることはできません。このように、退職金は企業によって大きく変わることが分かります。求人を見てみると、退職金について明記されているところもあれば、そうでないところもあります。明記されていない場合は、事前に確認しておくことをオススメします。

ちなみに、企業によって『企業年金』を採用しているところがあります。企業年金とは、退職金を分割して少しずつ受け取ることで、”年金のようにお金を受け取れる”のが特徴です。さまざまな種類があり、主に確定給付企業年金・確定拠出年金・厚生年金基金などが主に挙げられます。

さて、気になるのが品質管理薬剤師の退職金です。一体どれくらいの金額を受け取ることができるのでしょうか?ひと口に品質管理薬剤師といってもさまざまで、調剤薬局やドラッグストアの場合、5年勤務で約40万円、30年勤務で約700万円になります。薬局長や店長職になるとさらに退職金がアップします。

退職金は自分で調べることもできます。1.毎月の給与明細を確認、2.就業規則・退職金規定の確認などが挙げられ、給与明細で確認する場合、控徐の欄に『退職金掛金』『企業年金掛金』『確定給付掛金』などが記載されています。万が一求人に退職金についての明記がなく、会社の人事や総務担当に確認できない場合は、自分でチェックしてみてください。


Copyright (C) 2013-2018 品質管理薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.