品質管理薬剤師求人ランキング

薬剤師求人品質管理TOP >> 求人探しのFAQ >> 品質管理薬剤師の自己PRは?

品質管理薬剤師の自己PRは?

就職や転職をするうえで、『自己PR』は非常に重要になります。たとえその仕事が初心者でも、相手に伝わる自己PRを書くことができればプラスになるでしょう。自己PRの書き方は職種によって異なりますが、品質管理薬剤師の場合、やはり一番に伝えたいのは”どれだけ自分が品質管理の仕事に適しているか”というのを分かりやすく書くことです。医薬品や化粧品の品質管理だけでなく、お客さんへの対応も大切な仕事のひとつ。お客さんからクレームがあった場合、それに対し迅速かつ丁寧に対応しなければいけません。要するにコミュニケーション能力も求められるというわけです。ただ商品の管理をすれば良いというわけではありません。そこもきちんと理解し、どれだけ自分が品質管理の仕事に適しているか自己PRする必要があります。

たとえば、こんな自己PRです。『自分なりの工夫や強み』『結果を出すための努力』『協力する姿勢』『コミュニケーションの工夫』。工夫や強み、努力は、”周囲よりも頑張った””こんなことを工夫し強みがある”など、どんな些細なことでも構いません。一番のポイントは『自分なりの』をアピールすることです。自己PRですから、ここをしっかり伝えなければ意味がありません。具体的に伝えることで相手も理解しやすくなります。協力する姿勢やコミュニケーションの工夫は、品質管理の仕事では非常に重要です。仕事を成功させるためには周囲との協力が必要不可欠ですし、お客さんへの対応にはコミュニケーションの工夫が欠かせません。これらを自分がどのように考えているのか、経験があればそれも伝えると印象アップに繋がります。これらはあくまで事例ですので、自己PRを考えるときは参考にしてみてください。ちなみに、自身がもっとも得意としていることを書くのもメリットに繋がります。

自己PRを考えるときに注意したいのは、”熱意だけをアピールしないこと”です。もちろん熱意を伝えることも重要ですが、そればかりで具体的なアピールがなければ相手に伝わりません。企業にとって必要な人材と思ってもらえることが大事なので、情報を盛り込みながら、もし採用されたらどのようなことができるのかもしっかり明記しておきましょう。

品質管理薬剤師は、表立って行う仕事ではありません。しかし、一定基準を保つために常に品質の管理を行うため、製造現場では欠かせない人材、いわゆる縁の下の力持ちになります。それがしっかりこなせるということを、どんどん自己PRでアピールしていきましょう。


Copyright (C) 2013-2018 品質管理薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.