品質管理薬剤師求人ランキング

薬剤師求人品質管理TOP >> 求人探しのFAQ >> 品質管理薬剤師の年収は?

品質管理薬剤師の年収は?

NECやパナソニックなどの日本の家電メーカーや半導体メーカーでは、経営危機からリストラの嵐が吹きまくっています。リストラされた多くの方が転職活動で苦労し、年収がダウンしてもなかなか新しい職場が見つからない状況です。そんななか医療系の国家資格である薬剤師は、医師や看護師と同様に転職活動でもあまり困りません。

そこで今回は薬剤師になるまでにいったいいくらお金が掛かり薬剤師の平均年収から、薬剤師としてどんな仕事に就けばどれぐらいの年収をもらえるかなどお金にまつわることをまとめてみました。まず薬剤師になるまでですが薬学部の修学年限が4年制から6年制となり、薬学部の学費だけでなく生活費などはこれまでの1.5倍になりました。

教科書代や病院などでの実務実習費などは以前と比べてほとんど変わらないかもしれませんが、私立大学の薬学部であれば学費だけで4年制時代でおよそ800万円前後でしたから1.5倍で約1200万円になり400万円の増加です。生活費も同様で月に15万円の生活費で計算してみると15万円×12ヶ月×4年で720万円が、15万円×12ヶ月×6年で1080万円で360万円の増加です。

学費と生活費だけで2年間で、760万円も増えたことになります。これらの他に施設設備費や、実務実習費を徴収する薬学部もあります。これに対して薬剤師の平均年収は、どれぐらいでしょうか。厚生労働省が発表した平成24年度の、薬剤師の平均年収は529万円でした。男性の薬剤師の平均年収が570万円で女性の薬剤師の平均年収が509万円なので、わずかですが男性の薬剤師の平均年収のほうが高い結果となっています。

薬剤師の多くが調剤薬局で働いていますが、調剤薬局によって平均年収も違ってきます。たとえばファーコスの場合だと平均年収は586万円ですが、総合メディカルだと平均年収も430万円です。ドラッグストアになると企業や店舗によってかなりの差がありますが、平均年収は500万円前後と大きく変わりません。

では品質管理薬剤師の場合の、平均年収はどうでしょうか。たとえば東京にある製薬会社の求人案件を見てみると、雇用形態は正社員で職種は品質管理薬剤師で年収は400万円〜600万円になっています。どこも品質管理薬剤師の求人情報は大差はありませんが、転職エージェントによってはあきらかに差があります。

ご存知の方も多いと思いますが転職エージェントもさまざまな職種を掲載している転職エージェントと、薬剤師に特化された転職エージェントとあります。さらにオープンの求人案件と非公開になっている求人案件とあります。一般的に非公開の求人案件のほうが、年収も高い傾向にあります。さらに同じ薬剤師に特化された転職エージェントでも、品質管理薬剤師の求人の情報量が多いところと少ないところとあります。

ズバリ品質管理薬剤師の求人に強い転職エージェントは、薬剤師に特化されたリクナビ薬剤師です。


Copyright (C) 2013-2018 品質管理薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.