品質管理薬剤師求人ランキング

薬剤師求人品質管理TOP >> 求人探しのFAQ >> 品質管理薬剤師の転勤は?

品質管理薬剤師の転勤は?

薬剤師といっても勤務先はさまざまです。そのため、同じ薬剤師でも他の薬剤師に転勤というケースは少なくありません。たとえば、品質管理薬剤師への転勤です。薬剤師は、勤務先が変わるだけで今までの経験とまったく異なる経験をすることが多々あります。品質管理薬剤師はその名のとおり医薬品や化粧品などの管理を行う業務ですから、病院や診療所などで働いていた場合、はじめて行う業務がたくさんあるでしょう。ですから、事前にどんなメリットやデメリットがあるのか知っておくと、転勤するときも安心です。

まずメリットは、『手厚い福利厚生』『生涯年収が高い』などが挙げられます。雇用形態にもよりますが、派遣社員として品質管理薬剤師になる場合、実は調剤薬局よりもメリットが多いといわれています。それは、品質管理薬剤師の就職先が製薬企業になるからです。企業は一般の薬剤師よりも給与が高いですし、福利厚生もしっかりしています。また安定した職種ということで、休みを取りやすいというメリットもあります。年収は平均400万円前後。決して高いとはいえませんが、調剤薬局と比較した場合、350万円〜600万円程度とバラつきがあるのに対し安定していることが分かります。また外資系の医薬品メーカーへ転勤した場合、600万円〜700万円といった求人も多く見かけます。年齢や経験によって高収入も期待できますから、しっかり稼ぐことができるでしょう。

ただデメリットもあります。それは、仕事が単調・評価に不満を感じやすい・チームワーク重視などです。これらが合わないという方は、品質管理薬剤師は不向きといえます。しかし薬剤師の向き・不向きは品質管理薬剤師に限ったことではありません。環境に慣れてしまえば、非常にメリットの多い勤務先といえるでしょう。

主な仕事内容は、先にも述べたように医薬品や化粧品などの管理です。もちろんそれだけではありません。試験結果を集計し、報告資料を作成しなければいけません。さらに、原材料の科学試験や、万が一試験で異常があった場合、それを分析し改善を提案する必要があります。また医薬品や化粧品の管理も、一定基準ですから目が離せません。これらを理解できやりがいを感じることができれば、品質管理薬剤師として安心して転勤することができるでしょう。なかには未経験の薬剤師もいるかもしれません。品質管理薬剤師は非常に専門性が高いことから『未経験では難しい』と諦めてしまう方も少なくないでしょう。しかし病院や診療所などで働いていた薬剤師でも十分仕事に就くことは可能ですから、転勤は不可能ではありません。


Copyright (C) 2013-2018 品質管理薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.