品質管理薬剤師求人ランキング

薬剤師求人品質管理TOP >> 求人探しのFAQ >> 品質管理薬剤師の資格とは?

品質管理薬剤師の資格とは?

品質管理薬剤師とよく似た薬剤師の職種に管理薬剤師というのがありますが、品質管理薬剤師も管理薬剤師どちらも特に資格や試験があるわけではありません。さらに品質管理薬剤師の業務内容のなかには、薬剤師の資格が必要でない部分を多く含まれています。管理薬剤師の場合も特に資格などは必要ありませんが薬事法で、管理薬剤師の管理業務と医薬品の適正な使用のための情報提供業務が定められています。

たとえば管理業務とは従業員の監督と医薬品などの管理で、従業員の監督とは管理薬剤師以外の薬剤師や薬剤師以外の従業員が、接客や医薬品の情報提供や法令遵守などを適切に業務を行っているかどうかです。医薬品などの管理とは薬局やドラッグストアなどの医薬品や、医薬部外品や化粧品などの商品を適正に管理しているかどうかです。

実は薬事法の改正で医薬品を取り扱う薬局やドラッグストアを開設するには、これまでのような名義貸しなどを防ぐためにも、1店舗に必ず1人の管理薬剤師を配置することが義務付けられたのです。さらに管理薬剤師の業務の中には薬局やドラッグストアの医薬品の管理設備に不備があった場合や、薬事法に触れるような広告を行った場合には店舗のオーナーに対して提言したり注意を促すことも必要です。

そのため管理薬剤師は若くて経験が浅い薬剤師よりも、経験豊かな薬剤師が求められています。また実際に管理薬剤師が薬局長を兼ねるケースも多いため、他の従業員がいる場合などは管理職としての資質も求められる役職です。ただ小さな薬局やドラッグストアでは管理薬剤師しか薬剤師がいないことも多く、接客から医薬品の管理までやることは山のようにあります。

管理薬剤師に対して主に製薬会社で働く品質管理薬剤師の業務内容は文字どうり医薬品の品質管理で、厚生労働省が定めたGMP(Good Manufacturing Practice)と呼ばれる医薬品の品質管理基準を満たしているか、自社の医薬品や医薬部外品をランダムに選び問題がないかを調べるのが主な仕事です。この他にも薬事法などのチェックや、厚生労働省の査察の対応やGMP用の書類作成などです。

ただこれらの管理薬剤師の業務は実は、薬剤師でなくても行うことができます。管理薬剤師の特別な資格もないのですが、薬剤師が製薬会社で必要とされているのは薬剤師としての専門知識と経験があるからです。薬剤師の資格があれば誰でも品質管理薬剤師になれますが品質管理薬剤師を目指すのであれば、薬剤師に特化された転職エージェント「リクナビ薬剤師」をおすすめします。

「リクナビ薬剤師」に登録され担当者に相談されると、品質管理薬剤師の求人情報だけでなくいろいろとアドバイスをしてくれます。


Copyright (C) 2013-2018 品質管理薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.