品質管理薬剤師求人ランキング

薬剤師求人品質管理TOP >> 求人探しのFAQ >> 医薬品卸会社の品質管理薬剤師とは?

医薬品卸会社の品質管理薬剤師とは?

医薬品の種別ですが大きく種別すると全国に約7万軒ある薬局やドラッグストアで取り扱っている一般用医薬品と、約16万軒ある病院などの医療機関や調剤薬局で取り扱っている医療用医薬品とあります。国内で販売されている約1万数千種類ある医療用医薬品のほとんどと、一般用医薬品のおよそ50%が医薬品卸会社が取り扱っています。残りの一般用医薬品の約50%が、製薬会社から販売されています。

医薬品卸会社の役割は物的流通機能・商的流通機能・情報機能・価格設定機能・財務管理機能・市場管理機能で、物的流通機能とは製薬会社から医薬品を仕入れ物流センターに商品を保管した後に営業所など全国の各拠点に配送することです。商的流通機能とは営業所に医薬品が配送されたあと、MSと呼ばれる営業担当者が病院などの医療機関や調剤薬局に医薬品を販売することを指します。

情報機能とはMSを通じて販売した医薬品の適正な使用方法についての情報や、副作用などの必要な情報を提供することです。価格設定機能とは医薬品の価値に対して正しい価格設定を行う機能のことで、財務管理機能とは債権や債務の管理や資金の運用などを通じ経営資源の効率化を図る機能のことです。市場管理機能とは市場ニーズを的確にとらえ、医療や福祉の要求に応える機能のことです。

医薬品卸会社で働く品質管理薬剤師の仕事は医薬品の安全かつ安定供給のために、全国の支店や営業所の医薬品の品質管理や薬事管理です。さらに販売先の病院などの医療機関や調剤薬局や、薬局やドラッグストアからのお問い合わせに対応するDI業務などです。またときにはMSの薬事研修会なども、医薬品卸会社で働く品質管理薬剤師の仕事です。

医薬品卸会社で働いている薬剤師は品質管理薬剤師の他に薬剤師が不足している得意先に出向して調剤業務を行う出向薬剤師や、医薬品卸会社の薬事および医薬情報部で支店や営業所のバックアップや支援を行ったりする薬剤師などもいます。品質管理薬剤師がこれらの業務を兼ねる場合もありますが、大手の医薬品卸会社では分業化が進んでいます。

医薬品卸会社の品質管理薬剤師の年収は600万円前後と高めで、最新の医薬品情報をいち早く知ることができるなど人気の求人案件です。もし医薬品卸会社の品質管理薬剤師として働きたいのであれば、薬剤師に特化されている転職エージェント「リクナビ薬剤師」に登録されることをおすすめします。「リクナビ薬剤師」であれば一般には公開されていない求人情報も多数あるので、きっと納得がいく求人案件が見つかると思います。


Copyright (C) 2013-2018 品質管理薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.