品質管理薬剤師求人ランキング

薬剤師求人品質管理TOP >> 条件別の品質管理薬剤師求人 >> 福利厚生充実の品質管理薬剤師求人

福利厚生充実の品質管理薬剤師求人

品質管理薬剤師といえば、”福利厚生が充実している”のが特徴です。これは品質管理薬剤師のメリットにもなっており、安心して働くことができます。

福利厚生とは、企業から支給される給料+αです。法定福利厚生と法定外福利厚生の2種類に分けられ、労働者の勤労意欲を向上させることができるといわれています。ですから、福利厚生が充実している企業は、非常に働きやすく能力を発揮しやすくなるでしょう。ちなみに、法定福利厚生は、主に社会保険料の負担や児童手当拠出金などが挙げられます。一方で法定外福利厚生は、住宅手当や家賃補助、交通費や家族手当などがあります。企業によって福利厚生の内容は異なりますが、やはり福利厚生があるのとないのとでは大きいでしょう。

品質管理薬剤師は、冒頭でも述べたように一般的に福利厚生が充実しているのが特徴です。そのため、ほとんどの企業が求人に福利厚生について明記されています。ですから、薬剤師として転職したいという方は、品質管理薬剤師は非常に大きなメリットになるでしょう。経験が優遇される職種ではありますが、薬剤師以外の人と関わることも多いですし、緻密な作業が多く薬剤師としてしっかりスキルアップすることができやりがいを実家できます。なかには自分ひとりで業務をこなす場合もありますので、自分のペースで仕事を進められるのも品質管理薬剤師の良いところ。そのぶん責任感が重視されますが、新たな経験として身につくでしょう。

品質管理薬剤師といっても働く場所はさまざまですが、主に製薬会社が挙げられます。薬剤の在庫管理や自社製品に関する問い合わせの対応、社員への勉強会で薬事教育を行うなどさまざまな業務がありますが、品質管理薬剤師の中でももっとも一般的な管理薬剤師といえます。そのため、求人でもほとんどが製薬会社になります。ただ調剤薬局や病院などの求人に比べると数は少ないので、倍率は高いでしょう。もちろん福利厚生も充実しています。他にも、メジャーではありませんが工場や物流センター(倉庫)の品質管理薬剤師も存在します。製薬会社よりも求人の数は少ないですが、やはり福利厚生が付いており、安心して働くことができるでしょう。工場や倉庫での業務は、医薬品や医療機器、さらには化粧品の管理などを行います。倉庫での業務は競争率が非常に高いため、採用率は低いでしょう。

一般的な薬剤師とは少し特殊ですが、週休二日制やお盆、年末年始の休暇など安定していますので、病院や診療所などよりも無理なく働くことができます。]


Copyright (C) 2013-2018 品質管理薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.