品質管理薬剤師求人ランキング

薬剤師求人品質管理TOP >> 条件別の品質管理薬剤師求人 >> 残業が少ない品質管理薬剤師求人

残業が少ない品質管理薬剤師求人

もともと品質管理薬剤師は残業が少ない仕事です。製品の管理といえばドラッグストアでの管理薬剤師の仕事もありますが、こちらは夜遅くまで働く必要があったり、人員が不足して残業や休日出勤が必要なケースも見られます。それに対して製薬会社や食品会社で働く品質管理薬剤師はそうしたケースが少なく、安定した就業環境で働くことができます。そのため家庭との両立を目指す女性の薬剤師にも向いた職業といわれます。

ただ、品質管理薬剤師には残業がないのか、と言われると必ずしもそうとはいえない面もあります。どんな仕事でも忙しい時期がありますし、人手の問題もあります。では残業が少ない品質管理薬剤師求人にはどのようなタイプがあるのでしょうか。

製薬会社に勤務する場合にはその企業が医療用の医薬品を専門的に扱っているところなのか、化粧品や健康食品を含めた大衆向けの薬も広く扱っているかどうかで残業を巡る事情が異なってきます。基本的には大衆向けの薬を扱っているメーカーの方が残業が多めの傾向が見られます。大衆にニーズに応えるため続々と新製品を開発する必要があり、その管理業務が求められるからです。医療用の医薬品を専門的に扱っている製薬会社での品質管理薬剤師はより専門的な薬剤に関する知識が求められますが、その分残業が少ない環境で働くことができるでしょう。ただし、製品の製造や原材料の調達などに深く関わる仕事の場合は、大詰めの時期に残業が多くなるケースも見られます。

またどのような仕事を担当するかによっても残業が多い、少ないに違いが出てきます。たとえば管理薬剤師として在庫管理や出荷調節などの役割を担う場合にはどうしても残業が多くなりますし、先述のように製品製造における品質管理の仕事も担当する場合にも残業が多くなります。限られた期間で製品を完成させなければならず、最後のほうになると残業続きの日々になることもあるからです。

こうしてみると残業が少ない品質管理薬剤師求人を探す場合にはできるだけ責任が軽い、担う仕事が少ないところを選ぶことがポイントとなることがわかります。出荷・保管工場などでの品質管理が一番の選択肢となるでしょうか。ただ残業が少ない職場であればあるほどキャリアアップしにくい面もあるため、その辺は選択が求められるでしょう。冒頭に挙げたようにもともとそれほど残業が多い仕事ではないため、どこまで耐えられるか、日常生活に支障をきたさずに済むかをよく考えた上で求人情報をチェックしていくようにしましょう。


Copyright (C) 2013-2018 品質管理薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.