品質管理薬剤師求人ランキング

薬剤師求人品質管理TOP >> 条件別の品質管理薬剤師求人 >> 60代の品質管理薬剤師求人

60代の品質管理薬剤師求人

薬剤師の資格さえ持っていれば年齢に関係なく働き続けることができるといいます。とはいえ、50代を過ぎると職場の選択肢は一気に減ってしまいますし、応募が可能な求人も少なくなります。基本的には調剤薬局やドラッグストアでの勤務となります。では60代で品質管理薬剤師を目指す場合にはチャンスが期待できるのでしょうか。

60代で品質管理薬剤師への転職を目指す場合には、過去にこの職種での経験を積んでいることが大前提です。未経験からの転職は極めて困難といわざるを得ないでしょう。数少ない可能性としては食品メーカーや化粧品メーカーでの品質管理の仕事で求人があるかもしれません。ただその場合も年下の管理職のもとで若い薬剤師とともに働くことになります。それが苦にならないかどうか、事前によく考えておくとよいでしょう。

経験者の転職では管理職としての採用がほとんどです。製薬会社のGMP管理課などで業務を束ねる立場としての役割が求められます。当然そうしたキャリアを備えていることが条件です。これまでのキャリアよりも上の待遇で雇われることはありませんから、自分がこれまでどの程度までキャリアを重ねることができたかで転職先が決まってきます。管理職ともなると当然求人の数も少なくなりますから、狭き門となるでしょう。

このように、60代の品質管理薬剤師への転職はいろいろなハードルを乗り越えなければなりません。そのためにも品質管理薬剤師求人の情報を幅広く入手し、自分のキャリア・スキルにあったものを厳選していくことが大事です。60代でも応募が可能な求人をピックアップしつつ、自分の長所を武器にできる求人を見極めていきましょう。語学力や医薬品の化学分析の業務実績なども転職の際に大きな武器となります。

求人探しでは二つのルートをうまく活用しましょう。ひとつは人脈。いわば「コネ」です。これまでの薬剤師としてのキャリアで培ってきた人脈を活かして転職先を探していくのです。もうひとつは人材紹介会社。急な欠員が生じたために急遽募集する非公開求人なども充実しているため、チャンスが広がります。またキャリアアドバイザーとよく相談したうえで転職先を決めたり、よさそうな品質管理薬剤師求人を紹介してもらいながら吟味していくこともできます。

薬剤師として生涯働いていきたいと願っている人も多いはず。品質管理薬剤師は残業や休日出勤が少ないなど、高齢でも働きやすい職場です。これまでの経験を活かしつつぜひとも理想的な職場への転職を実現しましょう。


Copyright (C) 2013-2018 品質管理薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.