品質管理薬剤師求人ランキング

薬剤師求人品質管理TOP >> 条件別の品質管理薬剤師求人 >> 50代の品質管理薬剤師求人

50代の品質管理薬剤師求人

専門的なスキルを備えた薬剤師の場合、50代でも充分に転職の可能性があると言います。しかしそれは調剤薬局やドラッグストアといった職場の話で、新薬開発やMRといったより専門的なスキルを求められる職場においてはやはり年齢は大きなネックとなります。この点については品質管理薬剤師でも同様です。50代から品質管理薬剤師を目指す場合にはかなりのハードルを覚悟する必要があるでしょう。

50代でも応募可能な品質管理薬剤師求人の大半は経験者のみとなっています。即戦力として働けることが大前提なのです。そのため未経験からの転職はかなり難しいと覚悟した方がよいでしょう。また経験者の場合もかなり高度なスキルと豊富な実績が求められます。特に製薬会社からの求人では現場のリーダーシップをとれるような人材が求められています。GMPに関する知識は当然のこととして、医薬品の製造や管理に関わる部門とのコミュニケーション能力、海外企業をはじめとした他の製薬会社との交渉力、これには一定の語学力も求められます。他にも化学分析業務の経験や品質管理・監査に関するマネジメント能力なども挙げられます。さらに品質管理だけでなく技術開発の経験が求められたり、統計分析の知識が必要とされることもあります。こうした高度なスキルや経験を備えているかどうかで50代の品質管理薬剤師への転職の成否に大きな影響が及ぶでしょう。

ただ、50代を対象とした品質管理薬剤師求人のすべてにこのような高度な条件が科されているというわけではありません。条件が厳しいのは主に製薬会社、それも医療用の医薬品を扱っている企業からの求人です。そのほかの求人では専門的な知識ではなく、薬剤師としてもっと一般的なキャリアを求めるケースが目立ちます。特に歓迎されるのが管理薬剤師としてのスキル。現場の責任者として、医薬品の管理だけでなく、現場そのものの管理を行えるスキルです。そこには若い薬剤師の教育や指導も含まれます。こうした管理職でのキャリアが豊富な場合には品質管理薬剤師が未経験であっても転職の際に歓迎される傾向があります。食品・化粧品メーカーにより多くのチャンスが期待できるので、ある程度それらを重点的に求人情報をチェックしていくとよいのではないでしょうか。

もうひとつ忘れてはならないポイントが求人探しの方法。人材紹介会社の利用が不可欠となるでしょう。それも薬剤師を専門にしているなど、多くの求人と豊富な実績を備えているところが望まれます。即戦力の人材を募集する場合には非公開求人で行うことが多いため、こうしたチャンスをしっかりとものにすることができるかが勝負の分かれ目となりそうです。


Copyright (C) 2013-2018 品質管理薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.