品質管理薬剤師求人ランキング

薬剤師求人品質管理TOP >> 条件別の品質管理薬剤師求人 >> 30代の品質管理薬剤師求人

30代の品質管理薬剤師求人

薬剤師のような専門的なスキルを備えた職業では30代が転職適齢期となります。これまで培ってきたキャリアや身につけたスキルを活かしつつ、よりキャリアアップに役立つ職場を目指したり、より高いスキルアップを目指せる職場を目指して転職するケースも多いのです。特に薬剤師の仕事に関してはここ10年くらいの間に役割や職種の選択肢が多様化しているため、20代の頃には見えてこなかった可能性を見出して転職を目指すケースも増えています。

では30代で品質管理薬剤師への転職を目指す場合にはどのような点が重要になってくるのでしょうか。まずこれまでどのようなキャリアを重ねてきたのか。品質管理薬剤師求人で歓迎されるのが管理薬剤師としてのキャリアです。この年代ともなるとひとつの部署、部門において管理薬剤師として活躍する人も少なくありません。製薬会社はもちろんのこと、食品・化粧品メーカーでも若い世代の管理薬剤師を求める傾向が強く、この経験を持っている人は大きな武器となるでしょう。

また、他の職種から未経験で品質管理薬剤師への転職を目指す場合には、どのようなスキルを備えているかも重要なポイントとなってきます。たとえばMRとして働いてきた場合にはそのキャリアとスキルが高く評価されます。品質管理薬剤師でもっとも重要視されるスキルはGMPです。これは「医薬品の製造管理及び品質管理規制」と呼ばれる医薬品に関する知識です。調剤薬局での業務ではなかなかこの点に関する知識を身につける機会が少ないだけに、転職活動における重要な鍵となります。

またドラッグストアでの商品管理を担当してきた場合も、転職の際にそのキャリアが考慮される場合もあります。特に食品・化粧品メーカーで働く品質管理薬剤師は物流・流通とも深く関わるケースが多いのでチャンスとなるでしょう。

もちろん、調剤薬局業務から品質管理薬剤師への転職も可能です。未経験でも応募が可能な品質管理薬剤師求人を探していきましょう。その際のポイントは教育制度が充実しているかどうかです。30代ならまだこれからのキャリアアップが充分に見込める年齢ですから、働きながら品質管理薬剤師として必要な専門的な知識を学んでいけるかどうかもチェックしましょう。

これまでのキャリアと今後の可能性の両方を秘めた30代。薬剤師の転職に関してもこの両方をうまくアピールすることが大事です。キャリアアップを目指すなら製薬会社への転職を目指してみるのもよいでしょう。


Copyright (C) 2013-2018 品質管理薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.